男性の生え際が後退する色々な原因

男性の生え際が後退する色々な原因

ヘアスタイルに気を遣う方はもちろん、どんなに見た目に無頓着な方でも、生え際が後退してきたらさすがに気になるものですよね。生え際が後退するとおでこが広くなるので、年齢に関わらず老けた印象を与えてしまいます。そんな生え際の後退を改善するには原因から改善していく必要があるので、何故後退してしまったのか、自分の原因をしっかり把握しましょう。

 

一番の原因は男性ホルモン

 

生え際が後退する脱毛症でもっとも多いのがAGAです。AGAは男性型脱毛症とも呼ばれるもので、生え際もしくは頭頂部から薄くなっていくというものがあります。その主な原因となるのが男性ホルモンです。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変性します。

 

ジヒドロテストステロンが受容体に結合すると、皮脂の分泌が過剰になって頭皮環境を悪くさせたり、髪の成長サイクルを乱す信号を出します。そのため抜け毛や薄毛が引き起こされるのですが、生え際にはジヒドロテストステロンの受容体がたくさん存在しているため、男性ホルモンの影響によって後退してしまうのです。

 

過度のストレス

 

男性は仕事上のストレスを抱えやすく、また毎日仕事で忙しいので発散する暇がない方も多いでしょう。ストレスが蓄積したり、過度のストレスがかかると、ストレスに対抗するために交感神経が活性化されます。

 

交感神経は血管の収縮を促す働きを持っているため、その状態が続くと血液の流れのリズムが乱れてしまい、血行不良が引き起こされます。特に生え際は血管が細いため、血行が悪くなると髪の成長に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなって毛周期が狂ってしまい、抜け毛が増えたり髪の成長が妨げられてしまうのです。

 

いい加減な食生活による栄養不足

 

いくら血行が良くても、栄養が不足していたら髪は正常に成長することは出来ません。自分の食生活を振り返ってみて、栄養バランスが取れているかどうか確認してみましょう。葉物野菜や根野菜などをきちんと食べているか、乳製品や発酵食品を適度に食べているか、糖分や油分が多い食事をしていないかチェックしてみてください。

 

もし栄養バランスが崩れていたり、ジャンクフードや外食が多いという方は、栄養が不足していることが原因で生え際が後退している可能性があります。髪の毛は栄養を取り込むことで成長しますから、栄養不足や栄養が偏っているという方はいい加減な食生活が原因です。また、油分や糖分が多い食事をしていると、血液がドロドロになって流れが悪くなるため、これも生え際の後退の原因になるので注意しましょう。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】