生え際が赤く炎症したりニキビができる原因と対策

生え際が赤く炎症したりニキビができる原因と対策

生え際というのは顔との境目になるため、皮膚トラブルが起きやすい部位です。生え際にトラブルが起こると毛根組織がダメージを受けてしまい、そのせいで抜け毛や薄毛が引き起こされることもあるので注意が必要です。

 

トラブルが治らないと、シャンプーの時やブラッシングの時にさらにダメージを与えることにもなりますから、早急に対策を行って改善しましょう。

 

炎症の原因

 

生え際に炎症の原因は炎症の広がり具合や症状によって異なります。ピンポイントでポツポツと炎症が起こっている場合はにきび、複数の炎症がかたまっていたり、広範囲にわたって炎症が起こっている場合は脂漏性湿疹が原因と考えられます。生え際ににきびが出来るのは意外かもしれませんが、生え際というのはシャンプーのすすぎ残しがあったり、洗顔をした時に石鹸が残ってしまったりしやすいです。

 

洗浄成分というのはとても刺激が強く、また残ってしまうと汚れとなって毛穴に詰まってしまいニキビを発症させます。脂漏性湿疹というのは、マラセチア菌というカビが原因です。生え際はTゾーンとおなじぐらい皮脂量が多いため、マラセチア菌が繁殖しやすく、この菌の分泌物の刺激によって脂漏性湿疹が起こり広い範囲で炎症が起こります。

 

にきびの原因

 

生え際ににきびが出来るのは、洗浄成分が残ってしまうことも原因ですが、もう一つアクネ菌の繁殖も原因になります。生え際は皮脂の分泌が盛んな上に、髪の毛がかぶさっているため蒸れやすい環境になります。さらに汗をかいたり外気の汚れが混ざったりするので、雑菌が繁殖しやすくアクネ菌も増殖してしまいます。アクネ菌の分泌物が皮膚や毛穴に与える刺激によって、にきびができてしまうのです。

 

生え際トラブルの対策法

 

炎症やにきびなどのトラブルが起こったら、まずは生え際を清潔にしましょう。と言っても、何回も洗顔をするというのではなく、シャンプーや洗顔料を残さないようにして、汗をこまめに拭くということから始めてください。洗浄成分が完全に落ちて、蒸れや雑菌の繁殖の原因となる汗や皮脂汚れを取り除けば、生え際は清潔な状態を保てます。清潔になればトラブルの原因となる雑菌が繁殖しませんから、トラブルを改善することができます。

 

トラブルを悪化させないために

 

皮脂の過剰分泌は油分や糖分の摂り過ぎの可能性もあるので、肉類や揚げ物、炒め物、スイーツなどは控えるようにしましょう。野菜をたっぷり摂ると、美肌に必要なビタミンやミネラルが摂取できますから、生え際のトラブル改善により効果的です。ちなみに、パーマやカラーリングなどは刺激が強いので、トラブルが治まるまではやめておくのがベストです。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】