生え際後退の対策に自毛植毛する際の費用目安

生え際後退の対策に自毛植毛する際の費用目安

生え際が後退すると、実年齢に関わらずかなり老けて見えてしまいます。この状態を改善するには、生活習慣を改めたり育毛剤などを使うなどの方法がありますが、残念ながらどれも即効性はありません。

 

髪の毛が健康に成長するまでにはかなりの時間がかかりますし、行っている対策法が間違っていたら効果が得られないこともあります。ですが、自毛植毛ならすぐに生え際の後退を改善できるので、費用などをチェックして検討してみるといいでしょう。

 

自毛植毛とは?

 

自毛植毛というのは、後頭部などから皮膚と一緒に髪の毛を採取し、薄毛になっている部分に植え付けるという薄毛治療です。採取した髪の毛を1株ずつ分けて、施術部位の頭皮に穴を開けて植え付けます。植えつけられた髪の毛は一度抜けてしまいますが、毛根組織がしっかり定着することで、また髪の毛の成長が始まります。

 

皮膚ごと採取するというと怖い、痛そうと言うイメージがありますが、もちろんまるごと取るわけではありませんし、麻酔を使うので痛みもありません。自分の細胞を移植するだけですから拒否反応が起こる心配はなく、定着率は95%という高確率なので、効率よく生え際の薄毛を改善出来あす。

 

自毛植毛の費用の計算法

 

髪の毛は1つの毛根(株)から2本から3本ほど生えているので、この1株をどのぐらい移植するかで費用が決まります。一般的には、生え際の後退が初期段階であれば600株から800株、明らかに後退が分かる中程度の状態なら1000株から1200株です。頭頂部まで薄くなっている場合は2000株から3000株が必要になると言われています。人工毛植毛であれば、単に薄毛の部分に人工毛を植え付けるだけなので自毛植毛よりは安い費用ですみます。

 

しかし、自毛植毛の場合は他の部位から皮膚ごと髪を採取するという施術がプラスされるので、1株当たりの値段は1000円ぐらいになります。つまり初期段階の生え際の後退なら60万円ぐらい、深めの後退だと100万円ほどかかるというのが費用の目安と言えるのです。

 

自毛植毛は高い?

 

自毛植毛が高いかどうかはお金の価値観によりますが、決して安いものではありません。ですが自分の皮膚や髪の毛を使って行うので安全性は高いですし、一度定着すれば抜け落ちても何度も生えてくるようになります。

 

メンテナンスもほとんど必要なく、自分の髪の毛と同じように扱えるなどメリットが多いので、こういった面から見れば言うと高いとも言い切れません。ですから費用だけではなく、手術後にかかる費用も計算して検討してみましょう。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】