ネットで簡単に個人輸入できるAGA治療薬の問題点とは?

ネットで簡単に個人輸入できるAGA治療薬の問題点とは?

AGA治療薬は、AGA専門クリニックで処方してもらうだけではなく個人輸入も可能です。アメリカなどAGA治療の先進国では、処方箋と同じ成分配合の薬の販売が認められていますし、インドではジェネリック医薬品が普通に販売されています。こういった治療薬を利用すれば費用を抑えることが可能なのですが、問題点があるのも忘れてはいけません。

 

医薬品

 

何があっても保証なし

 

個人輸入のAGA治療薬と言っても、他の商品と同じで配送される際に薬に何らかの破損が起きたり、不良品だったり、個数が違うなどの場合は返品交換が可能です。ですが、服用にあたっての保証はいっさいありません。つまり体に重篤な副作用が起きたとしても、まったく効果がなかったとしても販売業者に責任を取ってもらうことはできないのです。

 

もちろん、医師が処方するAGA治療薬にも副作用のリスクはあります。しかし処方箋は、自分の症状や体質などに合わせた薬が処方されるので、リスクはぐっと軽減されます。個人輸入のAGA治療薬は、自分のために処方された薬ではないため、体への害に関してはすべて自己責任になることを覚えておきましょう。

 

粗悪品の可能性もある

 

海外のAGA治療薬と言っても、すべてが正規品だとは限りません。海外の商品というのは日本の品質基準は当てはまらないため、添加物だらけで有効成分が少ししか入っていない粗悪品があります。英字の成分表示をすべて理解できるのであれば粗悪品を購入することはないと思いますが、専門家でも理解は難しいのが実情です。

 

また、海外の薬というのは製造過程も分からないため、発がん性物質が混入しているかもしれませんし、品質や衛生管理の状態も日本とは違います。お値段や広告イメージだけで購入してしまうと、まったく効果がないだけではなく、偽造品の可能性もあるので注意してください。

 

日本の治療薬との違い

 

国内で販売が許可されている薬剤というのは、日本の薬事法をすべてクリアしています。薬事法では、重篤な副作用が認められるものは認可されませんし、効果がある薬品に関しては副作用が出ないよう含有量を制限して安全性を確保します。AGA治療薬には副作用があることはほとんどの方が知っていますが、副作用のリスクは成分の含有量によって違います。

 

つまり、処方箋でも個人輸入でも副作用があるなら安い方が良い、という考え方は間違いなのですね。日本のAGA治療薬は効果よりも安全性を重視していますから、海外で個人輸入できるAGA治療薬とは副作用のリスクの高さがまったく違うのです。

 

AGA専門のクリニックに通うのは面倒ですし、費用もかかりますから、ネットで簡単に個人輸入ができるならそちらを利用したいというのは当たり前かもしれません。ですが、いくら簡単で安くてもリスクの方が高いので、きちんと安全にAGA治療をしたい場合はクリニックを利用するのが正解です。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】