薄毛でお悩みの女性は洗髪後のアフターケアどうすると良い?

薄毛でお悩みの女性は洗髪後のアフターケアどうすると良い?

ヘアブロウ

一生懸命薄毛対策をしているのに、なかなか効果が実感できないという方は、洗髪後のアフターケアを見直してみましょう。シャンプーによって皮脂が落とされた洗髪後というのは、頭皮が刺激を受けやすくなっています。また、アフターケアのやり方が間違っていると薄毛を引き起こすこともあるので、薄毛改善に効果的なアフターケアができているかチェックしてください。

 

タオルドライをしっかりと

 

髪や頭皮が濡れたままの状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなるのですぐに乾かすのが鉄則です。ただし、急いでドライヤーで乾かすというのは髪にも頭皮にもよくありません。軽く水気を拭き取っただけだと、ドライヤーを当てる時間が長くなるので、その分ダメージを与えることになります。

 

また、水気が多いと摩擦も大きくなりますから、頭皮に負担をかけてしまいます。髪や頭皮にダメージを与えないためにも、洗髪後はしっかりとタオルドライをしましょう。

 

まずは毛先をタオルで包んで、こすらないように水気を絞ったら、根元の部分を細かく分けてタオルに水気を染み込ませます。ある程度水気がなくなったら、乾いたタオルに変えて髪全体を押さえながら水気を吸い込ませると、ドライヤーの時間を短縮できます。

 

正しいドライヤーのかけ方

 

ドライヤーは、髪の根元からかけていきましょう。髪の表面から乾かすと、根元は湿ったままになってしまいます。ですので、髪を持ち上げて根元に温風が当たるようにしてかけてください。また、近づけすぎるとドライヤーの熱でも頭皮や毛根組織にはダメージになりますから、15cmから20cmほど離してかけましょう。

 

しっかり根元から表面まで乾かしたら、最後は冷風を当てるのがおすすめです。冷風を当てるとキューティクルがしっかり閉じるので水分を保持できるので、傷みの軽減になります。

 

どんなに髪に優しいシャンプーを使っていても、正しいシャンプー方法を実践していても、アフターケアが間違っていたら薄毛の改善を妨げます。効率よく薄毛対策をするためにも、しっかりタオルドライをすることと正しいドライヤーのかけ方を実践していきましょう。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】