女性薄毛の原因となりやすい紫外線・なぜ薄くなってしまうの?

女性薄毛の原因となりやすい紫外線・なぜ薄くなってしまうの?

紫外線と言えば、シミの原因となるメラニン色素の生成やコラーゲンやエラスチンなどハリ弾力成分を破壊するなど、肌への影響をイメージする方も多いでしょう。ですが、実は薄毛の原因の一つでもあるのです。一見、髪の成長には関係ないように思える紫外線ですが、どのように薄毛を引き起こすのでしょうか。

 

直射日光

 

紫外線による頭皮のダメージ

 

髪が生える土台となる頭皮は、顔や手足と同じ皮膚です。もちろん厚みは違いますし、髪に覆われているなど状態は違いますが、構造は他の皮膚と変わりないのです。ということは、紫外線を浴びてしまうとそのダメージを受けることになります。頭皮に紫外線が当たると、皮膚の奥まで到達して細胞を破壊します

 

頭皮の奥にあるのは肌細胞だけではなく、髪の毛を成長させる毛乳頭細胞も存在していますから、これらの細胞が総じてダメージを受けてしまうのです。顔や体は日焼け止めをしっかり塗って紫外線から守りますが、頭皮は髪で覆われているので紫外線対策は必要ないと思うかもしれません。しかしダイレクトに紫外線を浴びると、毛乳頭細胞が破壊されてしまうため抜け毛や薄毛が引き起こされるのです。

 

髪も紫外線の影響を受ける?

 

髪が灼けると茶色くなる、というのを耳にしたことがある方もいるでしょう。この状態を正確に言うと、皮膚のように灼けて茶色くなるのではなく、紫外線のダメージでキューティクルが壊れて色素が抜けてしまうことで起こります。キューティクルは、外部の刺激から髪を守りながら、内部の水分を保持して乾燥しないように防御してくれています。

 

そのキューティクルが壊れてしまったら、刺激によって内部がダイレクトにダメージを受けるので、髪が切れやすくなってしまいます。また、髪が傷んでいると、成長させるのではなくその修復が優先されます。そのため紫外線によって髪がダメージを受けると、伸びにくくなったり成長サイクルが乱れて抜け毛が引き起こされるのです。

 

薄毛の原因というと、加齢や栄養不足の方がフォーカスされるので紫外線に対して油断しがちですが、紫外線も原因の一つですからしっかり対策しておきましょう。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】