若い人ほど要注意?食事や生活習慣によるAGA悪化の危険性

若い人ほど要注意?食事や生活習慣によるAGA悪化の危険性

若い人は、毛乳頭細胞の分裂も活発ですから、普通ならAGAを気にする必要はありません。ですが、食事や生活習慣が乱れているのであれば、若い人ほど注意してください。若いからといっていい加減な生活をしていると、逆に発毛機能が急激に低下してAGAが悪化してしまう可能性もあるのです。

 

荒れた食生活

 

規則正しい食事をしていますか?

 

食事は、髪や頭皮に必要な栄養を摂取するための重要な手段です。髪は栄養を元にして作られるものですし、頭皮も栄養素の働きによって代謝が行われることで健康な状態を保てています。栄養が不足してしまったら、毛乳頭細胞の分裂も滞りますし、頭皮環境が悪化して髪が育っていきません。

 

栄養をしっかり摂取するには、出来るだけ栄養バランスの良い食事を1日3回しっかり摂るのがベストです。仕事や遊びで忙しいから食事はコンビニやファーストフードで済ませてる、という方は栄養不足によってAGA悪化の危険性が高いので、出来るだけ規則正しく、栄養バランスが取れた食事を心がけましょう。

 

睡眠時間は足りていますか?

 

あらゆるメディアやエンターテイメントの普及で、若い人は睡眠時間を削っている方も少なくないようです。ですが、髪の毛は睡眠によって分泌される成長ホルモンの働きで成長します。成長ホルモンが不足すると、どんなに栄養を摂取しても髪の育成が行われません。

 

また、睡眠時間が足りていないとホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂の過剰分泌や血行不良などが引き起こされます。ですので睡眠時間を十分に取れるようにするのはもちろん、ぐっすりと質の高い睡眠になるように工夫して下さい。

 

運動不足になっていませんか?

 

現代人は、公共機関の発達や車の普及、デスクワークの増加などによって運動不足になりがちです。意識して運動をしないと筋力が衰えてしまうので、全身の血行が悪くなってしまいます。全身の血行が悪くなると、血管が細い頭皮の血流はさらに滞りやすくなり、頭皮環境の悪化や髪が栄養不足によってAGAが悪化します。

 

適度な運動をしていれば体全体に血液が行き渡り、頭皮の細胞の活性化も促進されます。激しい運動をする必要はなく、自分が続けやすい全身運動を1日15分から30分ほど行うだけで十分なので、毎日運動を取り入れてAGA悪化のリスクを回避してください。

 

生活習慣によるAGA悪化は若い人だけに起こるわけではないものの、若いだけに油断しやすいので注意が必要です。逆に、若ければ回復力も高いですから、悪い部分を改善するだけでAGAの治療効果が格段にアップするというメリットがあるので、生活習慣を見直して効率よくAGA対策をしていきましょう。

生え際の後退は病院で治療しても効果なし?【私の黒歴史】